Please also check my Google Scholar page or my researchmap page.

Journal Papers

  • Masanari Kondo, Gustavo A. Oliva, Zhen Ming (Jack) Jiang, Ahmed E. Hassan, and Osamu Mizuno, “Code Cloning in Smart Contracts: A Case Study on Verified Contracts from the Ethereum Blockchain Platform,” Empirical Software Engineering, (accepted, to appear). (IF (2019): 4.457)
  • Masanari Kondo, Daniel M. German, Osamu Mizuno, and Eun-Hye Choi, “The Impact of Context Metrics on Just-In-Time Defect Prediction,” Empirical Software Engineering, 10.1007/s10664-019-09736-3, Aug. 2019. (IF (2019): 4.457)
  • Masanari Kondo, Cor-Paul Bezemer, Yasutaka Kamei, Ahmed E. Hassan, and Osamu Mizuno, “The Impact of Feature Reduction Techniques on Defect Prediction Models,” Empirical Software Engineering, 10.1007/s10664-018-9679-5, Jan. 2019. (IF (2019): 4.457)
  • 近藤 将成, 森 啓太, 水野 修, 崔 銀惠, “深層学習によるソースコードコミットからの不具合混入予測,” 情報処理学会論文誌, 59(4), pp. 1250-1261, 2018年4月.
  • Masanari Kondo, Osamu Mizuno, and Eun-Hye Choi, “Causal-Effect Analysis Using Bayesian Lingam Comparing with Correlation Analysis in Function Point Metrics and Effort,” International Journal of Mathematical, Engineering and Management Sciences (IJMEMS), 3(2), 90–112, 2018.

International Conferences

  • Lei Shi, Masanari Kondo, Naoyasu Ubayashi, Yasutaka Kamei, “Towards Better Coverage of Dataset with Software Product Line Engineering,” In Proc. of the 21st IEEE International Conference on Software Quality, Reliability, and Security (QRS2021), 2021. (accepted, to appear).
  • Shoma Kokuryo, Masanari Kondo and Osamu Mizuno, “An Empirical Study of Utilization of Imperative Modules in Ansible,” In Proc. of the 20th International Conference on Software Quality, Reliability, and Security (QRS2020), December 2020 (Macau China) (accepted, to appear)
  • Kai Yamamoto, Masanari Kondo, Kinari Nishiura and Osamu Mizuno, “Which Metrics Should Researchers Use to Collect Repositories: An Empirical Study,” In Proc. of the 20th International Conference on Software Quality, Reliability, and Security (QRS2020), December 2020 (Macau China)(accepted, to appear)
  • Juntong Hong, Osamu Mizuno and Masanari Kondo, “An Empirical Study of Source Code Detection Using Image Classification,”  In Proc. of the 10th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP2019), December 2019. (Tokyo, Japan)
  • Masanari Kondo and Osamu Mizuno, “Analysis on Causal-Effect Relationship in Effort Metrics Using Bayesian LiNGAM,” In Proc. of the 27th International Symposium on Software Reliability Engineering (ISSRE2016), Workshops proceeding, pp. 47-48, October 2016. (Ottawa, Canada).
  • Masanari Kondo and Ryosuke Kubota, “A Modified Genetic Algorithm for Nurse Scheduling Problem with Considering Individual Preference,” In Proc. of the International Symposium on Technology for Sustainability (ISTS2014), in CD-ROM (4 pages), November 2014, (Taipei, Taiwan).

Domestic Conferences

  • 秋山 楽登, 中村 司, 近藤 将成, 亀井 靖高, 鵜林 尚靖, “プログラミング初学者のバグ修正履歴を用いたデバッグ問題自動生成の事例研究” 第28回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE2021), (accepted, to appear), 2021年11月.
  • 松田 雄河, 山手 響介, 近藤 将成, 柏 祐太郎, 亀井 靖高, 鵜林 尚靖, “実行経路を考慮した自動テストケース生成が自動プログラム修正に与える影響の分析,” 第28回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE2021), (accepted, to appear), 2021年11月.
  • 浅田 翔, 柏 祐太郎, 近藤 将成, 亀井 靖高, 鵜林 尚靖, “継続的インテグレーションに影響を及ぼすRinging Test Alarmsに関する実証調査,” 第28回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE2021) (ショートペーパー), (accepted, to appear), 2021年11月.
  • 山本 大貴, 松尾 春紀, 沖野 健太郎, 近藤 将成, 亀井 靖高, 鵜林 尚靖, “類似問題検索手法を活用したプログラミング作問負荷低減の試み,” 第28回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE2021) (ショートペーパー), (accepted, to appear), 2021年11月.
  • 沖野 健太郎, 松尾 春紀, 山本 大貴, 近藤 将成, 亀井 靖高, 鵜林 尚靖, “木編集距離を用いた類似コード検索器における深層学習モデルの性能評価,” ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2021論文集 (SES2021), (accepted, to appear), 2021年9月.
  • 新堂 風,近藤 将成,柏 祐太郎(九州大学),東 英明,柗本 真佑(大阪大学),亀井 靖高,鵜林 尚靖, “コンテナ仮想化技術におけるSATDの削除に関する調査,” ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2021論文集 (SES2021), (accepted, to appear), 2021年9月.
  • 近藤 将成, 崔 恩瀞, 西浦 生成, 水野 修, “リモートワークにおけるソフトウェア開発者間のコミュニケーション方法の調査,” ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2020論文集 (SES2020), pp. 4-13, 2020年9月.
  • 北村 紗也加, 近藤 将成, 水野 修, “類似した開発者の分類と不具合予測におけるその効果,” ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2019論文集 (SES2019) , pp. 180-189, 2019年8月.
  • 近藤 将成, 森 啓太, 水野 修, 崔 銀惠, “深層学習による不具合混入コミットの予測と評価,” ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2017論文集 (SES2017) , pp. 35-44, 2017年8月. (東京都)

Domestic Conferences (No Reviews)

  • 中村 司,亀井 靖高,近藤 将成,鵜林 尚靖, “自動プログラム修正技術の性能評価 -九州大学の基幹教育データを用いた事例研究-,” ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2021論文集 (SES2021), 一般論文, 2021年9月.

Awards

  • 松田 雄河, “IEEE Computer Society Japan Chapter FOSE Young Researcher Award: 松田 雄河, 山手 響介, 近藤 将成, 柏 祐太郎, 亀井 靖高, 鵜林 尚靖, 実行経路を考慮した自動テストケース生成が自動プログラム修正に与える影響の分析, FOSE2021”, Nov. 2021.
  • 中村 司,亀井 靖高,近藤 将成,鵜林 尚靖, “研究奨励賞: 自動プログラム修正技術の性能評価 -九州大学の基幹教育データを用いた事例研究-,” ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2021論文集 (SES2021), 一般論文, 2021年9月.
  • 沖野 健太郎, 松尾 春紀, 山本 大貴, 近藤 将成, 亀井 靖高, 鵜林 尚靖, “学生奨励賞: 木編集距離を用いた類似コード検索器における深層学習モデルの性能評価,” ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2021論文集 (SES2021), 2021年9月.
  • M. Kondo, G. A. Oliva, Z. M. (Jack) Jiang, A. E. Hassan, and O. Mizuno,”SIGSE卓越研究賞: Code Cloning in Smart Contracts: A Case Study on Verified Contracts from the Ethereum Blockchain Platform,” Empirical Software Engineering, (accepted, to appear).
  • M. Kondo, C. Bezemer, Y. Kamei, A. E. Hassan, and O. Mizuno, “SIGSE卓越研究賞: The Impact of Feature Reduction Techniques on Defect Prediction Models,” Empirical Software Engineering, 10.1007/s10664-018-9679-5, August 2019.
  • M. Kondo, D. German, O. Mizuno, and E. Choi, “SIGSE卓越論文賞: The Impact of Context Metrics on Just-In-Time Defect Prediction,,” Empirical Software Engineering, August 2019.
  • 北村 紗也加, “IEEE Computer Society Japan Chapter SES Young Researcher Award: 北村 紗也加, 近藤 将成, 水野 修, “類似した開発者の分類と不具合予測におけるその効果,” ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2019論文集 (SES2019),” August 2019.
  • 近藤 将成, 京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科 研究業績賞
  • 近藤 将成, 森 啓太, 水野 修, 崔 銀惠, “山下記念研究賞: 深層学習による不具合混入コミットの予測と評価,”ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2017 (SES2017), 2017年8月.
  • 近藤 将成, 森 啓太, 水野 修, 崔 銀惠, “特選論文: 深層学習によるソースコードコミットからの不具合混入予測,” 情報処理学会論文誌, 59(4), pp. 1250-1261, 2018年4月.
  • 近藤 将成, 森 啓太, 水野 修, 崔 銀惠, “善吾賞: 深層学習による不具合混入コミットの予測と評価(SES2017発表論文),” NPO法人 ASTER, 2018年3月.
  • 近藤 将成, 森 啓太, 水野 修, 崔 銀惠, “最優秀論文賞: 深層学習による不具合混入コミットの予測と評価,” ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2017 (SES2017), 2017年8月.

Presentations (International)

  • July. 2020, “The Impact of Feature Reduction Techniques on Defect Prediction Models,” In Journal First track, International Conference on Software Engineering (ICSE2020) (Virtual)
  • Sep. 2019, “The Impact of Context Metrics on Just-In-Time Defect Prediction,” In Journal First/Conference Second track, International Conference on Software Maintenance and Evolution (ICSME 2019)
  • Oct. 2016, ”Analysis on Causal-Effect Relationship in Effort Metrics Using Bayesian LiNGAM,” Fast Abstract track, International Symposium on Software Reliability Engineering (ISSRE2016)
  • Nov. 2014, “A Modified Genetic Algorithm for Nurse Scheduling Problem with Considering Individual Preference,” International Symposium on Technology for Sustainability (ISTS2014)

Workshops

  • Yin Mingyang, 柏 祐太郎, 近藤 将成, 亀井 靖高, 鵜林 尚靖, “深層学習システムの保守に関する実証調査の検討”, 第28回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE2021) ライブ論文, (accepted, to appear), 2021年11月.
  • 山手 響介, 近藤 将成, 亀井 靖高, 鵜林 尚靖, “ソフトウェア開発者の知見を考慮した半自動バグ修正の性能調査,” 電子情報通信学会技術報告, 2021年7月. (オンライン)
  • 大橋 幸奈, 崔 恩瀞, 吉田 則裕, 近藤 将成, “深層学習モデルにおける差分の時系列変化可視化ツールDeepDiffViewerの提案,” 第4回機械学習工学研究会(MLSE夏合宿2021), (ポスター), 2021年7月 (オンライン).
  • 近藤 将成, 斎藤 忍, 飯村 結香子, 崔 恩瀞, 水野 修, “オープンソースソフトウェアにおける議論間隔の調査,” 電子情報通信学会技術報告, Vol.120, No.343, SS2020-18, pp. 25-30, 2021年1月. (オンライン)
  • 近藤 将成, 水野 修, “LiNGAMを用いた因果関係同定による工数データセットの分析,” 電子情報通信学会技術報告, 116(426, SS2016-36), pp. 1-6, 2017年1月. (京都市)
  • 近藤 将成,久保田 良輔,“レーベンシュタイン距離を用いた遺伝的アルゴリズムに基づく個人の希望を考慮した看護師勤務表生成に関する研究”,電子情報通信学会技術研究報告,Vol.114,No.496,pp.21-26,中野区,2015 年 3 月.
  • 近藤 将成,久保田 良輔,“遺伝的アルゴリズムに基づく看護師の要望を考慮した勤務表生成に関する研究”,電子情報通信学会技術研究報告,Vol.114,No.370,pp.31-36,京都市,2014 年 12 月.

Thesis

  • Masanari Kondo, “An Empirical Study of Feature Engineering on Software Defect Prediction,” Ph.D. thesis, Graduate School of Science and Technology, Kyoto Institute of Technology, 2021.
  • Masanari Kondo, “The Impact of Feature Reduction Techniques on Defect Prediction Models,” Master thesis, Graduate School of Science and Technology, Kyoto Institute of Technology, 2019.
  • 近藤 将成, “RBMを用いたソフトウェアメトリクスの特徴抽出手法の提案,” 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, 2017年2月.